ゴウ日記

letsgochan.exblog.jp ブログトップ

いいまつがえ

年の瀬です。

今年もたくさんの方に出会い、そしてお世話になりました。
ありがとうございます。

今年はけっこういろいろやった年になって、
よくがんばりました。と自分を褒めて今年を終えようと思います。

でも、今年もたくさん、いいまつがえは、ありすぎました。

「小春日和」をその文字通り、春に使いまくっていたり。。。
(知ってた?秋に比喩として使う言葉なんだって!!)

ドロップバック(ヨガで行われる技法)を今までずっとバックドロップ(プロレスで行われる技)って言ってたり。。。←指摘されたのが、先生MR.シンで本当に良かった。

そして、関ジャニを “セキジャニ” と呼ぶ母に驚かされたり。。。

どれもこれも、次へ進む大事な勉強。

反省ばっかじゃさみしいので、前へ前へ。

来年もみんなが幸せな年になりますように!!
[PR]
# by gshizuka | 2007-12-31 12:11 | Comments(0)

kripalu YTT始まりました

渋谷のKripalu yogaスタジオ"Yoga of Life"にて、yoga teacher training courseが先週から始まりました。
(ヨガティーチャーとしての、トレーニングコースです。あ、そのままだって?)

私も幸運なことにアシスタントとして参加させていただいております。

約3年間近く、行きたくて行きたくて仕方なくて、
今年の夏やっと念願かなって行けた場所。
それが、アメリカのクリパルヨガセンターでした。

そこで出会った素敵な仲間。まだ時々メールしあったりなんかして、
繋がっています。
そこでサポートしてくれた素敵な先生、アシスタントの方々。
私にとって、クリパルセンターで素晴らしい時間が過ごせたのは、
そんな温かい人たちに出会えたからでした。

だから、今回日本でYTT行うって聞いて、少しでも自分が受け取ったたくさんの
温かさを場所は違っても、ここでもお返ししたいって気持ちでアシスタントさせていただいてます。

でも、実際は今回も自分自身がたくさん勉強させてもらったり、
気づかされたり、元気もらったり。

なんだかエネルギー交換しあってる感じ。
そのエネルギーは本当に前向きです。
ほんとアリガタイデス。

感謝。

朝早くても、あまり眠くならない。元気満タン!
明日もやるぞーー!!
[PR]
# by gshizuka | 2007-12-28 22:14 | Comments(0)

Tokyo bouz collection

築地本願寺にて、Tokyo bouz collectionがあった。

お仕事がお休みになったので、
築地近くに住む友人達を誘い、この謎あふれるコレクションへ向かう。

立派なお寺である。
っといっても、やっぱり、お寺、というと日本古来のあの様式に固定観念があるため、
このインド様式なる石造りの概観は、ちょっと不思議に感じたりする。
でも、本堂の中は本当にきれいだ。
中は期待を超える美しさである。

c0145897_11571678.jpg


↑階段に貼ってある色は、チャクラ色だ!!

さて、コレクションも、とってもおもしかったです。

「杜子春」を、語り、現役僧侶によるお経ラップ、モダンやブレイクダンス、
そして音効さんは主にビートボックスで、といった具合に綴る盛り込み系ライブ。
パッと聞いただけでは、よくわからない、でも見たらおおーと、うなずいてしまいました。

c0145897_1272149.jpg

↑円陣を組む二人。

まるでファッションショーのように
きれいな衣を身にまとった様々な宗派の僧侶による法要。

c0145897_12154351.jpg


アフリカ人と僧侶による楽器演奏コラボ。

c0145897_12134316.jpg


僧侶さんの楽器は、もちろん、リンや木魚!!
ちょっとした、ハニカミ具合もとってもないす。
(そっと心の中で、ハニカミ坊主と呼ばせてもらった)

法話会もあったり、写経、座禅体験もできます。

あまりにも込み具合が激しかったため、
今回は、腰をすえて、じっくりお話を聞くことができなかったけれども、
空の上の話ではなく、自身の体験を元に話してくれるお坊さんの仏教お話は、
自然と耳が傾く。

主には、私たちみんな「縁」というきずなで結ばれているんですよ、というお話。
今回も縁あって、このイベントに行けたことがとても嬉しいです。
[PR]
# by gshizuka | 2007-12-17 12:45 | Comments(0)

元気の出る唄

ちょっと気が変わってきたなー、って感じたり、
自分の状態に心地よくなくなってソワソワしたりしている頃、
家で良く歌う歌があった。

そして、その唄の内容について、
実用的ではないが、知ってるとちょっとわくわくしてしまうような無駄小話を
よく知るうちの兄(一児の父)に聞いてから、
より一層、大きな声で歌うようになった。

それは、もちろん、
アンパンマンマーチだ。

メロディはもちろん良いが、何といっても歌詞がシュールである。

2番をよく私は歌うが、1番もある。抜粋すると、こんな唄である。

♪1番 
 なんのために 生まれて
 なにをして 生きるのか
 こたえられない なんて
 そんなのは いやだ!

 今を生きる ことで
 熱い こころ 燃える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ 胸の傷がいたんでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ みんなの夢 まもるため

♪2番
 なにが君の しあわせ
 なにをして よろこぶ
 わからないまま おわる
 そんなのは いやだ!

 忘れないで 夢を
 こぼさないで 涙
 だから 君は とぶんだ
 どこまでも

 そうだ おそれないで
 みんなのために
 愛と 勇気だけが ともだちさ
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ  みんなの夢 まもるため

 時は はやく すぎる
 光る 星は 消える
 だから 君は いくんだ
 ほほえんで

 そうだ うれしいんだ
 生きる よろこび
 たとえ どんな敵が あいてでも
 ああ アンパンマン
 やさしい 君は
 いけ  みんなの夢 まもるため

c0145897_2311929.jpg

(甥っ子のアンパンマンおもちゃ。機能がありすぎて、大人も遊び方がわからない。)

このポジティブとネガティブを兼ね備えた歌詞。
最後には生きる勇気を与えてくれる。いや、別に勇気を失くしてるわけではないけど。。。

作詞をしている、やなせたかしさんという方は、
「手の平を太陽に」とかも創っているようで、
戦争時代の苦しい思いからこの詩、そしてアンパンマンという無償の愛を
捧げるヒーローができたそうだ。

ヒーローになる必要はないが、

私も、
なにをして 生きるのか、
なにをして よろこぶのか、

わからないまま おわる
そんなのは いやだ!
[PR]
# by gshizuka | 2007-12-03 23:19 | Comments(2)

御茶ノ水の好きなお店

2年ほどまえから、週に1度御茶ノ水に通っている。

友人が働く御茶ノ水の会社でヨガクラスを行っているのだか、
あまり御茶ノ水といって、時間をつぶす場所も知らず、
コーヒーを飲むと、お腹をくだしてしまう私は
おしゃれに、ちょっとカフェでも、、、、という気分にもなれず、
丸善に行くのもたまに飽きたりしてくると時間つぶしに困る。

そんな時に出会ったのが、GAIAというお店。

このお店がとてもおもしろい。

だいたい概観からして、いけている。
明大やら中央大やら学生であふれている街にひょいと非常にかわいいお店である。

入ってみると、またドキュンである。
ごろごろところ狭しに並ぶ、ふぞろいの野菜たち、それに
あまり整列されずに自由きままに並べられたパンたち。
かわいい。

地下には、やさしい石鹸とか、ナチャラルコスメとか。
1階は食品。
2階は、天然素材や昭和を思わす洋服たち。

そして何より楽しいのが3階の書店だ。
その名も、「みみをすます書店」。(谷川俊太郎)
かわいい。

c0145897_23303382.jpg


新本もあれば、リサイクル本もあって、数も多く、
いつまででもいられるほど、飽きない。

置いてある本は、みんな食や体や心についての本。

ものすごく昔に発行されたであろうおばあちゃんの知恵満載の本もある。


ここのお店の階段は、とても狭い。人っこ一人しか通れない。
たぶん、小錦さんがこのお店に来たら、残念だけどきっと上れない。

お店はなかなか混んでいるので、階段の上り下りをすると、
けっこう人と重なる。
そんな時に、とても気持ちよいのが、「お先にどうぞ」っていう感じ。

c0145897_23311169.jpg


このお店代々木上原にもあるそうで。

っていろいろ見てたら、遅刻寸前だった。
時間つぶしは、つぶすどころかユウイギな時間になりました。
[PR]
# by gshizuka | 2007-11-22 23:37 | Comments(2)
line

yoga instructerゴウヅシズカの日記です。クラスやイベントの紹介・日々の日記を週一ペースでゆっくり更新しています。良かったらどうぞお立ち寄りください。


by ゴウ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30