ゴウ日記

letsgochan.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:旅( 9 )

帰ってきました

4週間のインドを終えて、月曜日に日本に帰ってきました。
c0145897_23461281.jpg

カイヴァリヤダーマは、3年ぶり。

今回は、カイヴァリヤダーマ研究所オンライン・コース(Online Yoga Teacher's Training Course)の
合同スクーリングにオブザーバーで参加をしました。

オンラインコースとは、ビデオ教材での自宅学習コース。
ネット環境があれば、どこでもビデオを見ることができ、どこでも勉強ができるというもの。
画期的!

今回参加した合同スクーリングは、日本人専用のスクーリング。
課題提出をし、このスクーリングを終了することで修了書もでます。

私はオブザーバー参加だったので、
課題がなく、少しのんびりと参加をしました。

授業内容は、
・パタンジャリ・ヨーガ・スートラ
・伝統的ヨーガ:アシュターンガ・ヨーガ(チャランダース著)
・人体の構造と機能
・ヨーガとメンタルヘルス
・ティーチングメソッド
の計5科目。

この5科目は私が3年前にカイヴァリヤダーマで受講した
CCY(Certificate course in Yoga。6週間コース)とほぼ同じ。
改めて学習、フォロー&アップデートにかなりなり、
もっともっと聞いていたいと思います。
一度だけで理解できるものでは決してなく、
繰り返し繰り返し聴き続けることから、点が線になったり、
理解と経験へとの繋がりが見えてきたり、
少しずつではあるけれども深みがとてもおもしろい。

さて、
このオンラインコースのウエブ・コンテンツへのアクセス権は無期限です。
ビデオでの講義はずっと受けることができます。

カイヴァリヤダーマでの勉強の仕方はいくつかあります。
そのうちの主なコースに、
・9ヶ月のヨーガ教育・ディプロマ・コース(DYEd)
・6週間コース(CCY)→わたしは3年前これに参加。
そして去年から始まったビデオ教材での自宅学習コース
・オンラインコース(YIC)

なかなか長期でインドに行けない私たちにとって、
日本にいながらインドの声でヨーガが学習できる機会なんて貴重。
(受講料350ドル。現在は英語のみ)
http://kdham.com/yoga-instructors-course/
(オンラインコース参加にあたり、日本人メンターである相方宏先生のサポートは確実な道標をくださいます。
https://sites.google.com/site/hhyoga/

ヨーガの理論と技術についての理解を深めていきたい方におすすめです!
c0145897_0332588.jpg



今週よりクラスにも徐々に戻らせていただきます。
また宜しくお願いいたします。

c0145897_0335846.jpg

[PR]
by gshizuka | 2016-03-25 00:35 | | Comments(0)

3度目の富士山

c0145897_1255441.jpg

人生3度目の富士山。

毎月一緒にイベントを企画しているパーソナルトレーナー山口さん企画の富士登山。
https://www.facebook.com/events/875956569159469/

私も参加させていただきました。

最近、ずっと雨続きの毎日でしたが、なんとも恵まれたお天気となりました。
c0145897_1255441.jpg


富士山はやっぱり日本一の山。
やっぱり、そう甘くなかった!自然とのタイミングもあるし、高山で起きる自分のコンディションは常に変化し続けます。
体力、気力。いろんなことが試される。

今回は、3度目ということもあり、自己との対話であるんだけれども、
もっと何かこう冷静に、
自分の体の変化や動きに常に観察を続け、
その中で自分の呼吸、動き方をコントロールしていくという体験でした。

一歩一歩、あせらず、
その時の一番自分のよい状態へとつなげていきながら登る。

こんな風に何時間も体や心、呼吸と向き合い続ける時間て普段ない。
すごく集中してする。

気づいたら、ものすごい高い場所に自分がいてびっくりします。

そこでの景色はとってもきれいで。
c0145897_1371918.jpg


目的地は頂上だけれども、
そこにどう向かっていくかというプロセスで頂上での感じ方も変わる。
一緒に目指す仲間との出会いでまたストーリーは変化していきます。

こんな風に、自分の人生の階段を上っていけたらいいな。

3回とも全部違う体験の富士山。
今回もたくさん感動をありがとう。
[PR]
by gshizuka | 2015-09-09 01:44 | | Comments(0)

タオ島

インドに行く前にタイによりました。

日本⇆タイの飛行機はairAsia。
帰りの乗り換えの時間が短かったので、預け荷物はせずに、手荷物オンリーのバックパッカー。
制限7キロ。
行きで、すでに6.9キロ。ぎりぎり。
帰りのお土産、考えなくてはなーと思いつつ、元気に日本出発です。
c0145897_21291663.jpg

今回のタイの目的地は、ずっと行ってみたかったタオ島。
ダイビングしている方から、すっごくいいよ〜って聞いていて、憧れの地でした。
私はダイビングはしないので、シュノーケルを持ってわくわくいざ出陣です。

私が行ったルートは、こちら。
バンコク、カオサンストリートからバス



タオ島

バスは夜に出発、一晩かけて早朝に船着場まで行きます。船の出発まで待ち時間は1時間。その後約1時間程度の船旅。

計11時間コース。
けっこう長いですね。でもあっという間です。

c0145897_21291600.jpg

バスはこちら。二階建て。大きい。
これが、5台くらいガーって来まして、予約時、事前に色分けされた自分のバスに乗り込みます。

予想以上に全てがオンタイムです!
南国タイムじゃないです。時間通り、いや時間より早めに事が色々進みます!笑
時間ギリギリに行ったりなんかしたら、置いてかれますから!


さて
ここで、一つ。
やっぱり長距離バス寒い。
真冬のような寒さが瞬間瞬間、訪れます。

事前に覚悟して、ちゃんと長袖長パンで行ったんですが、これだけじゃ全然間に合わなかった…。
日本人はUNIQLOのフリースかダウンが必要な寒さかもしれない…と思うほど。笑。
靴下を忘れたのが最大のミスであった。

みなさん。長距離バスでは、ぜひ厚手の靴下もオススメいたします。


途中に寄る休憩、サービスエリア。
c0145897_21291735.jpg

フードコートあり、スナックが買えます。

ここに着いたのは深夜2時くらいでしたので、チラ見だけ。
ね、眠いですよー。


うたた寝して朝方、着いた景色はこちら。

c0145897_17115816.jpg

ここから船に乗り換え、タオ島へ行きます。
c0145897_17115956.jpg

日も高く上がり始め…天気よし!気候よし!気分よし!

船に揺られること一時間強。

c0145897_17115977.jpg

着いたぞ。タオ島!!

みんな、バイクをレンタルしてブンブン言わせていました。

私は乗り合いタクシーで宿へ移動です。
c0145897_17120094.jpg


宿はサイリービーチから徒歩5分。Budchui Village2
少し歩いて中に入ったところ。
ここにして大正解。
静かで、きれいだし、コンビニもついてて、家族経営の宿とのことで、フロントのおねえさんはじめ、みんなが優しくとても親切にしてくれました。


ビーチまではこんな風に、
c0145897_17120066.jpg

歩いて
c0145897_17120063.jpg

5分!

温泉みたいにあったかかった…。
透明度はまずまず。
砂が軽いから砂で濁ってみえますが、気持ちよいです。

訪れた日の数日後がちょうど満月で、
みんなフルムーンパーティに向けて着々と人が集まっていました。

このフルムーンパーティ、パーティピーポーの方々が海外からハメを外しにいらっしゃるようで、激しいようですね…。
ぶつからなくてよかった…。

ともあれ、タオ島は、超観光地。
賑やかです。


もっと森の奥の方に行ったらきっともっと自然があってそれも良かったんだろうな。


c0145897_20541592.jpg

でも夕暮れはきれいで
c0145897_20541541.jpg

朝ののどかな雰囲気はおだやかです。


こんな風景の所で3日間過ごしました。


c0145897_21024721.jpg

タオ島後、バンコクで友人と合流しました。
友人お勧めで、激安かったマンゴスチンを大量買い。
マンゴスチンて、こんなにみずみずしくて良い香りなんですね!!
今まで食べたマンゴスチンなんて目じゃない。
この日、一晩で20個近く食べた気がします…。

こんな風に心身をリラックスアジャストしてからインドにむかった訳です。

さぁ、インドの旅も濃かった訳ですが、それはまたどこかで。




[PR]
by gshizuka | 2015-08-26 21:01 | | Comments(0)

インド、トウモロコシシーズン。

c0145897_14092565.jpg

インドはトウモロコシのシーズンで、
街にはトウモロコシ屋さんで溢れていました。

道のあちこちで、みんなトウモロコシを頬張っています。

あちらでは、レモンと塩、あとちょっとスパイスパウダーを振って焼いたりするそう。

今回プーネでお世話になっていたヴィパさんとのお買い物中、帰りにトウモロコシを買って食べました。

あまーい。しょっぱーい。すっぱーい。
香ばしくてうまーーーい( ´ ▽ ` )ノ

これは、やみつきになるわー。







[PR]
by gshizuka | 2015-08-24 14:03 | | Comments(0)

台湾トリップ

c0145897_2341480.jpg
ひょいっとLCCに乗りまして、台湾に行きました。

台湾はほぼ10年ぶりの2度目ですが、
この度はローカルな雰囲気も味わいたいと思い、台北から新幹線で台南へ。

台湾という国は、本当に過ごしやすいですね。
治安も安全だし、食べ物は美味しい。
漢字で何となく意味を想像できるし、
交通網も分かりやすい。
そして、何よりも人が優しく、親切なのだ。
街ゆく人が本当に親切。
困った顔して地図を見てれば声をかけてくれたり、
切符の買い方や買い物で、まごまごしてても、急かさずにゆっくり待っていてくれる。
食堂でも親切に買い方、食べ方を教えてくれるし、
こちらが台湾にお邪魔しているのに、お店の方は相手の言葉を使おうとしてくれる。

優しい。
大きな心で優しい。そして対応が親切で丁寧なのだ。

久々に台湾の友人と会った。その友人が友達を2人連れて来てくれて、皆んなでご飯して街歩いて、バーに行って。
そこは、すごく居心地がいい。
心をあれこれ働かせるという意味合いの気遣う気持ち、というのとそれは違う。
その場にとって、明るく健やかになるような行動しているだけのおおらかで自然な優しい気持ち。
誰かにとってじゃなくて、自分も皆んなも心地よい空間。

そして、もう一つ感じたこと。
思っていることを、しっかりとした言葉で伝えている。
濁したり曖昧な表現で逃げるのではなく、感じていることをしっかりと言葉で表している。
それは、あまり人の目を気にしていない、ということなんだと思う。それでいて、人との間に壁がない。自由なのだ。その感じが非常に気持ちいい。

なんというか、皆んなズルくない。
ずる賢く優しいわけじゃない。
ただ、優しいのだ。
ただ、人に親切にしてくれるのだ。



私はそんな風に人に対して正直に接していられてるかな、と思ったら、恥ずかしくなった。
これしたら、こう思われるとか、喜んでくれるから、とか。
そんなことを思いながらしていることを優しさとか丁寧という言葉で片ずけているんじゃないか、って。

優しいってどういうことなんだろうってこの旅で改めて考えた。

ここで出会った優しい気持ち、
私はすごく大好きだ。

私もこんな風にいたい。

私が受け取ったこの優しい気持ちの感覚を、心の中に残しておこう。
そんなことを沢山この旅では感じました。

台湾大好きという人が私の周りにも沢山いる。その魅力の一つはきっと、台湾の人たちは私たちの中にある根源的な気持ちをどこか引き出してくれるからなのかもしれないなと思う。


6日間だけれども、町で、ゲストハウスで、食堂で...などなど、
いろんな人と接して感じた私の台湾の感想。
美味しい楽しい優しい旅。

謝謝。台湾!
[PR]
by gshizuka | 2015-03-20 11:04 | | Comments(0)

紅葉を見に

c0145897_132216.jpg
週末、越後湯沢まで紅葉を見に行きました。
c0145897_1322238.jpg

c0145897_1322358.jpg

c0145897_132244.jpg

c0145897_1322454.jpg
冷やっとする空気も清々しい。

自然は冬へと準備を始めていますね。

暖かくして、ぬくぬく過ごすのもとても好きな季節です。
[PR]
by gshizuka | 2014-11-05 11:19 | | Comments(0)

美味しい韓国

4泊5日の韓国旅。
ゆっくりソウル市内を見てきました。

韓国は美味しい国でした。
食べて
c0145897_22533915.jpg

食べて
c0145897_22534050.jpg

ちょこっとマッコリ飲んで
c0145897_22534177.jpg

そしてまた食べて
c0145897_22534265.jpg

また色々食べてみる。
c0145897_22534310.jpg
満腹です。

そうそう。韓国といえば、韓国式サウナ、チムチルバン
c0145897_22534426.jpg
行ってみました。
ぬるめのサウナに20分ほど(たぶん)入った後、肌がチリチリするほど灼熱のサウナに1〜3分×3回。
この灼熱サウナは、呼吸すると肺が熱くなるほどの温度。頭からタオルをかぶって、下を向いているように言われます。
びっくりしましたが、数分で汗が吹きでてきます。これは初めての熱さ。サウナが苦手な方は辛いかと思いますが、出た後はキツイことを成し遂げた後の達成感がありました。

その後は、オプションで付けたよもぎ蒸しへ。
通常は20~30分くらいらしいですが、「キモチイイネー。キモチイイヨー」なんて、おばちゃんに陽気に言われながらも、その後完全に放置され、
40分くらいは入っていたと思います。
でもおかげさまでポカポカ。
汗も全身からしたたる気持ちのよい経験でした。

価格も日本で受けるよりもお手軽なようです。韓国行かれる方はぜひ。

歴史的建造物も見ました。
c0145897_22534410.jpg
景福宮。
歴史的な建物ってなんででしょうね。いつも入るとすーっと心が落ち着く。
そんな風に地場が意図的に作られているのか、そこに流れた時の長さがその場をそうさせるのか。


兎にも角にも、
観光目的の海外は久々です。

そして特に感じたのは、韓国の方々の優しさ、気づかい。
道に迷っているのを見かければ、迷わず声をかけてくれ、
道を聞けば、言葉が通じなくても伝えようと一生懸命になってくれる。
困っている人がいれば、言葉通じるかな?どんな人かな?と判断せずに、どーんと自分が出来ることを差し出してみる。
心があったかい人と出会うということは、人生でもしかしたら一番嬉しいことで宝物かもしれない。

そんなことを思い巡る韓国旅でした003.gif

旅はやはり良い。
自分の中になかったことや忘れていた感覚を思い出させてくれることと出会いやすい。

ありがとう韓国!

マシッソヨ韓国003.gif
[PR]
by gshizuka | 2014-03-24 22:06 | | Comments(0)

富士登山!

7/12.13と富士登山に行ってきました。

今回、参加したのは、
ドリーム富士山2013!

都内でラン&ヨガイベントを一緒に行っているパーソナルトレーナー、
山口さん率いるコアコンジョギングクラブが毎年開催している富士登山イベント。

ラン&ヨガイベントの主催者、遥さんから聞いていたのですが、
本当にスーツで登る人、着物で登る人、カツラを被って登る人などいて、
とってもユニークな方々の集まり!(もちろん、そういった方々は普段からトレーニングをしています!まねをしてはいけません。笑っ。)
とても楽しい富士登山となりました。

さて、日本一の山、富士山に向けて
数日前から準備として行っていたことは、
・睡眠をしっかり取る。
・炭水化物を取る。
・鉄分・ビタミンCを取る。(鉄分を摂取することで、血中のヘモグロビンの量を保ち、ビタミンCは鉄分の吸収を促進される、とのこと。)

数年前に登った時、
さほどヒドくはなかったのですが高山病の症状である頭痛と共に登った経験があるので、
今回はトレーナーさんのアドバイスのもと、ちょっと意識しながら準備をしました。

そして、迎えた当日。

5合目で少し体を慣らしてから、いざスタート。
c0145897_22412858.jpg
お天気は快晴058.gif
c0145897_2235217.jpg
眺めも良し。
そして高さが上がるにつれて
c0145897_22574966.jpg
道は石になってきます。

1日目は8合目の山小屋で休息。
少しの頭痛を感じたのですが、少し体をほぐしてから寝袋の中でヨガの呼吸法を元に深呼吸を行いました。
リラックスしながら、ゆっくり吐いてゆっくり吸う。
数分間繰り返し、いい感じでリラックスしてきたところで仮眠。
起きると、頭痛は引いている。よし、体調ばっちり!行ける!

深夜12:30に登山再スタートしました。
真っ暗の中、頭につけたヘッドランプを頼りに一歩一歩を進みます。
富士登山の山場はある意味、最後の9合目から。

体力や眠さ、そして時に己の心と向き合いながら前に一歩。
でも、ナンだろうな。数年前に登ったよりも、
ずっとずっとリラックスして登れた気がします。
無理せず自分のペースで、一歩一歩を力強く感じながら登ることができました。
そして仲間と一緒にいることはとても力強く、励まされました。
c0145897_23592821.jpg
頂上まであともう少し、というところで交通整理でいてくれる係のおじさんが、
「もう少しですよ〜!ぜったいご来光に間に合いますよ〜!」と
声をかけてくれるのが本当に嬉しかった。

そして迎えた頂上。
c0145897_0269.jpg
間に合いました!ご来光。
c0145897_03538.jpg
ああ、きれい。

世界遺産登録の影響で混んでいる?と聞かれますが、
やっぱり多少は混んでいるのかと思います。
余裕を持って出ることで
逆にその混雑によるゆっくりなスピードが高山に体を慣らしていくいい時間になって、
私はそんなに気にならず、リラックスしながら登ることができました003.gif

c0145897_092372.jpg
祝登頂!
その後はお鉢巡り。
c0145897_0121844.jpg

郵便局ではがきを両親に出しました。
c0145897_0134294.jpg

遥さんと一緒に山をイメージしたポーズ☆003.gif
c0145897_0142539.jpg

今回、参加した73名全員が無事に登頂!うれしい!

日本一の山で感じる達成感。
頑張った自分に向けてよしよし、と言ってあげたいこのなんともいえない気持ち。
自分の中から湧き出る元気、そして仲間からの優しさを沢山富士山からもらいました。

志高く優しいサポートスタッフのおかげで、安心して楽しい富士登山を満喫しました003.gif

そして富士山、ありがとう!
いつまでもこの富士山の景色が日本の誇りであれるように、
敬意とともに大切に守っていかなければですね!
[PR]
by gshizuka | 2013-07-23 22:28 | | Comments(0)

カンボジア旅行

c0145897_23124558.jpg

アンコール遺跡を見にカンボジアへ5日間行ってきました。

アンコール遺跡は、9世紀~15世紀のアンコール王朝の王達が築いた宗教都市。そして、そこに残る膨大な遺跡の数とその歴史!
これはガイドさんなしに、知るには難しすぎる...。
遺跡見学を、より深く楽しむには建築や宗教の予備知識とともにあること!
そのため、現地ガイド付きツアーに参加しました。

その遺跡は何のために作られたのか?その中に残るレリーフ等は何について書かれているのか?
そんなこんなをカンボジア人、ブンさんのガイドで楽しくあっという間に進んでいきました。

c0145897_23543046.jpg


アンコールワットを中心とした膨大な遺跡群、そしてカンボジア。
いくらでも見ていられます。

かなりよく歩いた旅なので、今日はゆっくり休もうと思います。

そして、今思うのは、もっと勉強してまた行きたい!
c0145897_020112.jpg

[PR]
by gshizuka | 2011-11-07 23:12 | | Comments(0)
line

yoga instructerゴウヅシズカの日記です。クラスやイベントの紹介・日々の日記を週一ペースでゆっくり更新しています。良かったらどうぞお立ち寄りください。


by ゴウ
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31